人材育成プログラム

少子高齢化という大きな問題を抱える日本にとって海外へ進出し事業を拡大すること、あるいは海外からの人材を採用することは必至です。 そこで大きな壁になるのが、コミュニケーションです。単に言葉だけではない、育った環境の違い、考え方の違いなどの国内ではまったく思っていなかったようなことが、大きな壁になることがあるのです。 サオラの「人材育成プログラム」はその解決方法を体験していただくプログラムです。

管理職が学ぶグローバル人材育成

「インドでビジネスを成功させる秘訣」を学ぶインド講座

インドは他の数多くの国々と違って、国一つで世界が写されているような複雑な国です。 同質性の強い日本とまったく反対の性格を持つ国です。言い方を変えて例えると、 ヨーロッパに中近東をあわせて一つにまとめたような国です。

10~20年前には想像できなかったことですが、日本の将来を考えていくと、 インドと上手に付き合うことが必須となっています。 昨年両国間のEPAも成立されたこともあり、インドとのビジネス開拓の動きが一層加速化されることが予想されます。

本講座は、インドの一流大学を卒業後、20年以上日本に滞在し、 日本企業で働き、自ら起業をすることなどを通じて、日印関係を築くことをライフワークにしてきたインド人が、 インドと本格的に付き合って行きたい企業・個人向け、信念を持って教える講座です。

講座の構成:

1.インドの常識(国内 2日間)

インドでビジネス(物を売ること・作ること・人を雇うこと)を行ううえで知って おかなければならない知識とビジネスとして成功することとは何かを学ぶ基本講座。

  • 1-1「インドとは」
  • 1-2「インドの経済情勢」

    2.専門課題(国内 3日間)

    インドは複雑な国であるだけではなく、近代歴史上最大の経済変化の真っ最中でも あります。インドとビジネスする上で必要な行政仕組み等専門課題に取り組みます。

    • 2-1「インド行政」
    • 2-2 「マーケティング・イン・インディア」
    • 2-3 「コミュニケーティング・ウイズ・インディア:ホワッツ・ゴーズ・ロング」

    3.実習(インド国内 5日間、移動時間を含む実1週間)

    短い時間でも実態を見て、理解してもらうことと同時に、生の情報を把握することから、 それぞれの企業に関連性の一番高い現状が見えてくることを狙います。 この講座ではご依頼企業様、参加者の目的にあった、インド視察を実現します。