プレスリリース

Go Beyond Search Engines™
ウェブリサーチエンジン『kee<p>oint 7 Pro』リリースのお知らせ

2005年06月16日

サオラ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:ローラ アルナ) は、 インターネット上の情報を保存・管理・検索・配信するための ソフトウェア シリーズ 『kee<p>oint 7 Pro』 を来る6月16日より当社Webサイト http://www.saora.co.jp より発売開始致します。

『kee<p>oint 7』はブラウジングしながら情報の収集、処理及びその管理を可能とするweb search engine という新しいジャンルのウェブ情報管理ツールです。今回リリース致します『kee<p>oint 7』 シリーズは、長年好評頂きました 『Keepoint 1.0』 の完全改訂版です。『kee<p>oint 7』シリーズとして、代表製品 『kee<p>oint 7 Pro』の他に、 このシリーズ にて初めて提案された概念、KeeTool をベースにした製品、Keepad と、日常のウェブ情報収集ニーズに充分に応える、 シリーズのベースの製品となる無償提供版の 『kee<p>oint 7 』が今回リリースされます。

インターネットが通常のコミュニケーションインフラとなるにつれ、ブラウザは標準デスクトップとなり、 ブラウジングと同時に情報の収集及び管理をできることが必要最低限の作業環境の一部となりつつあります。 従って、「knowledge worker」 にとっては、情報力の養成すなわちウェブをいかに効果的・効率的に活用できるかが課題となっています。 一方、ウェブ情報の急激な増加、そして変動すること(ウェブページのおよそ30%が毎日更新されていると言われています) に加え、ダイナミックに制作されるコンテクスト ベースド情報 (e - コマースの電子領収証、検索結果、個々に応じて制作された情報、 申請書等) がブックマーク、印刷又はファイリングのような従来の情報管理方法をより一層不充分にさせています。

『kee<p>oint 7 Pro』を利用することにより、ウェブコンテンツの必要な部分のみ(画像、範囲指定等)の保存をワンクリックで行えるだけではなく、 ブラウジングの記録、コンテンツにキーワードの付与、コメントの書き込み、メモ付きコンテンツのメールでの送信、 又は、外部デバイスへエクスポートなどに加え、必要な情報だけを取り出し、保存管理することも可能です。 保存されるリンクとコンテンツは自動的に分類されますので、収集された情報をキーワード、日付などを使って簡単にアクセスできます。 ファイル名を決めたり保存先フォルダを指定したりといった保存の際の面倒な操作も、オフラインで情報を参照するための印刷する必要もなく なることで、ファイリング、ソーティング、プリントアウト等、これまで常識だった時間とコストの無駄をKeepoint が解消します。

『kee<p>oint 7』シリーズはウェブ情報がデジタルであることを積極的に生かし、 世界ではじめてユーザーをファイリングのアナログ的概念から解放する革新的なツールです。 また、情報検索から収集、分類、管理等情報処理の全ての機能をワンタッチ操作で可能する機能、KeeTool、 を提供することにより、『kee<p>oint 7 Pro』 は web search engine という新しい製品ジャンルを定義し、 ユーザーをサーチエンジンより一歩先 (Go Beyond the Search Engines™)、インターネットの理想の姿を実感させるものとなるでしょう。